鉱山名 清見陶石 きよみとうせき
所在地 高山市清見町二本木・大谷
 対象資源 陶石 (廃鉱)
概 要
   濃飛流紋岩のNOHI-3を構成している二本木層に含まれる細粒の流紋岩質凝灰岩が熱水変質作用を受けて微細な石英と絹雲母からなる陶石をレンズ状に形成している。
清見陶石
高山市清見町二本木
(撮影:直井幹夫)
 
文 献 小井土由光・濃飛流紋岩団体研究グループ(1987)二本木層~濃飛岩体北部地域における初期火成活動~.岐阜大学教育学部研究報告(自然科学),11巻,35-45頁.  
濃飛流紋岩
濃飛流紋岩は、岐阜県の南東端にあたる恵那山(標高2191m)付近から北部の飛騨市古川町付近へかけて、幅約35km、延長約100kmにわたり北西~南東方向にのび、岐阜県の約1/4の面積を占める巨大な岩体である。この岩体を構成する岩石のほとんどは、火砕流として流れ出た火山砕屑物がたまって形成された火砕流堆積物からなり、しかもその大部分は堅硬に固結した溶結凝灰岩になっており、厚さ数百mで、水平方向へ20~60kmの広がりをもち、岩相・岩質が類似した火山灰流シートとして何枚にもわたって重なりあっている。それらは大きく6つの活動期(NOHI-1~NOHI-6)に区分されており、岐阜県内にはNOHI-6だけが分布しない。これらの火山岩類には花崗岩類が密接にともなわれ、それらを含めて大きく2期(第1期火成岩類・第2期火成岩類)に分けられる火山-深成複合岩体を形成している。第1期の活動は白亜紀後期の約8,500万~8,000万年前にあり、NOHI-1とNOHI-2の活動と引き続く花崗岩類の活動があった。第2期の活動は約7,500万~6,800万年前にあり、NOHI-3~NOHI-5(おそらくNOHI-6)の活動と引き続く花崗岩類の活動があった。これらは活動の場所を南部から北部へと移しながら巨大な火山岩体を作り上げた。
二本木層
濃飛流紋岩の岩体北部において小鳥川(おどりがわ)流紋岩溶岩とともにNOHI-3の基底層をなし、高山市清見町二本木付近および高山市街地北西方の寿美(すみ)峠周辺に分布し、層厚は最大で約300mである。二本木周辺では、おもに細粒ガラス質凝灰岩や火山礫凝灰岩などの流紋岩質火砕岩類と砂質凝灰岩などの火山性砕屑岩類からなり、これらに礫岩・砂岩・泥岩が挟まれる。全体に50°~90°と急傾斜構造を示す。細粒ガラス質凝灰岩を中心にほぼ全体が変質作用を受け陶石化がすすみ,かつて清見陶石として採掘されており、その中から白亜紀最末期を示す植物化石が産出している。寿美峠付近では礫岩を主体とし、流紋岩質の非溶結火砕岩類や凝灰質砂岩などをともなう。礫岩は周辺に分布する基盤岩類に由来する径10~20 ㎝ほどの角礫~亜角礫が多く、まれに径5mほどの巨礫も含まれ、基質部が少なく、側方への連続性が悪いことから、急崖形成にともなう崖錐性堆積物からなる地層と考えられている。



地質年代