鉱山跡・資源
   大地からもたらされ、人間の生活に活用されるものを総称して地下資源といい、鉄などの金属資源、石油・石炭などのエネルギー資源、石灰石・粘土などの非金属資源に分けられる。これらを採掘する施設が鉱山であり、岐阜県内においても昔から各所に鉱山があり、いろいろな資源を採掘していた。しかし、鉱山は採算という経済的な条件に左右されるため、一部の非金属資源を除いて、現時点ではほとんどの鉱山が稼動していない。とはいえ、それぞれの鉱山から得られた資源はそれをもたらした大地の様子を知る上での貴重な情報源となるから、ここでは稼働中の鉱山のほか、廃鉱となった鉱山のうちからいくつかをとりあげ、その特徴を概説する。

   岐阜県地域における地下資源の特徴をまとめると以下のようである。
①金属資源の鉱山は、唯一の例外である神岡鉱山を除いて、いずれも小規模に開発されたものばかりであり、現在稼働している鉱山はまったくない。
②エネルギー資源は亜炭とウランに限られるが、別の目的で採掘されている亜炭を除いて、まったく採掘されていない。
③非金属資源はおもに石灰石と耐火粘土であり、とくに石灰石は全国的にも無尽蔵に近い資源といわれ、現在も稼働中の鉱山が多い。なお、石灰石は石灰岩を資源として扱う場合の呼び名である。
  
 個々の事項をクリックすると解説や写真が表示されます 
 【金属資源】(  )内:主な資源  
赤坂鉱山(鉄鉱) 遠ヶ根鉱山
(タングステン・モリブデン)
天生鉱山(黒鉛・金・銀) 平金鉱山(銅・鉛・亜鉛)
一反田鉱山(マンガン) 平瀬鉱山(モリブデン) 恵比寿鉱山
(タングステン・モリブデン)
福岡鉱山(タングステン・マンガン)
柿野鉱山(銅・鉛・亜鉛・銀) 笠ヶ岳鉱山(鉛・亜鉛) 洞戸鉱山(銅・鉛・亜鉛) 神岡鉱山(銀・銅・鉛・亜鉛)
六厩鉱山(金) 倉木鉱山(マンガン) 矢坪鉱山(亜鉛・鉛)
  
【エネルギー資源】(  )内:主な資源
新日吉鉱山(亜炭) 御嵩亜炭鉱群(亜炭) 東濃鉱山(ウラン)
       
 【非金属資源】(  )内:おもな資源  
愛宕鉱山(石灰石) 渋草陶石(陶石) 石山鉱山(石灰石) 清水鉱山(石灰石)
伊西陶石(陶石) 新石山鉱山(石灰石) 小名田鉱山(耐火粘土) 中山鉱山(耐火粘土)
春日鉱山(石灰石・ドロマイト) 平岩鉱山(蛍石) 河合石灰鉱山(石灰石) 蛭川みかげ(石材)
岐阜鉱山(石灰石) 昼飯鉱山(石灰石) 清見陶石(陶石) 丸原鉱山(耐火粘土)
金生鉱山(石灰石) 美濃白川麦飯石(麦飯石) 久瀬鉱山(石灰石) 美山鉱山(石灰石)